SERVER IN YOUR HOME

Home Serverの魅力
セシの場合

フレッツISDNやADSLサービスが、急速に復旧しています。 一般家庭においても常時接続環境

が当たり前の時代を迎えたと言うわけです。今こそ、ホームサーバーを立ち上げるチャンスです!

もう高額な料金を払って、専用線を引いたり、などを利用したりする必要はないです。

その魅力:

項目
プロバイダー・サービス利用
ホーム・サーバー

容量

制限

プロバイダー以下ISP、のWebスペースは使用出来る

容量は決められており、大きな写真や動画を載せたり

すると、すぐいっぱいになってしまいます。

ホームサーバーなら、自分のハードディスクの空きが

ある限り、いくらでも使用出来ますと言う利点。。。

 

混雑

特に深夜になると、HPの表示が遅くなる。 ISPの回線自

体の混雑やサーバーの混雑します。

ホームサーバーなら、自分のWebページがあるだけで

すので他人に影響されることなく、快適に自分の

HPが公開できる。

CGIの

使用

ISPにより、CGIプログラムの使用禁止や制限される事

が少なくありません。 これはセキュリティ上の問題と、

他のユーザのせいでサーバーがダウンしたりする事や

サーバーへの負担を避ける為である。

ホームサーバーなら、自分のCGIプログラムしか動作

していませんのでセキュリティの問題がない! 又は

例えサーバーが障害発生しても他に迷惑する事が

ないでしょう。。。

 

メール

アカウントの

発行

ISPにメールアカウントを追加を申し込むと、1アドレス毎

月200円ぐらいかかってしまうでしょう。。

 

ホームサーバーなら、お好きなだけ、メールアカウント

を追加でき、家族全員個別のメールアカウントもも

てるでしょう!!

 

やっとフレッツISDNの

環境が出来た!しかし24

時間ネットを繋ぎっぱなし

や危険!とりあえず自分

のサーバーの出入り口は

不安定!!

Home Serverの必要な物  

1.-必要な回線(安定なサーバー立てるには常時接続回線が必要)

★フレッツISDN、★フレッツADSL、★その他のADSL、★CATV、等

2.-必要なハードウエア

★回線の種類

・フレッツISDN→TA(ターミナル・アダプター)、LANならルータ、HUBなど

・フレッツADSL→@ブリッジタイプ:ADSLモデム、イーサーネットケーブル(1対1)

          Aルータータイプ:ADSLモデル、イーサーネットケーブル、HUB(複数のPCを接続)

           BUSBタイプ:ADSLモデム、USBケーブル(1対1)

・CATV→@フリッジタイプ:ケーブルモデム、イーサーネットケーブル(1対1)

       Aルータータイプ:ケーブルモデム、イーサーネットケーブル、HUB(複数のPCを接続)

★サーバー→普段使っているパソコンをそのまま使用出来ます。 もし本格的にサーバーを立ち上げる

のであれば、普段お使いのコンピュータ

 とは別に、専用マシンを用意すると便利。

3.-必要なソフト

★OS(この説明では以下のOSを対象しています)

・Windows95

・Windows98(98SE)

・Windows Me

・Windows2000

★サーバーソフト→次のステップで紹介します。。