WWW SERVER

WWW Server
セシより

WWW Serverって(・_・")?

WWWはインターネットにおける情報サービスの一つで、HTMLと言う言語で記述された

情報を、HTTPプロトコルによってやりとりするものです。 簡単で言えばインターネット

エクスプローラやNetscapeなどのブラウザソフトを使用し、ホームページを表示する

しくみです。 

www:World Wide Web

世界的な蜘蛛の巣

1.-サーバーソフトの種類

ソフト名
説明
入手先
AN HTTPD 作者は中田昭雄氏、フリーウェアである。

http://www.st.rim.or.jp/~nakata

BlacJumboDog

SapporoWorksによるWWWサーバーソフト

で、WWWサーバーのみならず、メールサー

バーProxyサーバーなどの機能を兼ね備えた、

非常に高機能なサーバーである。

http://homepage2.nifty.com/spw/
i-HTTPD

CGI,SSI対応し、ユーザー認証、アクセス

制御、エイリアスの機能をもっています。

その他IPアドレスを書いたHTMLファイル

を自動的にプロバイダーのWebスペース

にFTPでアップロードする機能も用意

されています。

http://linkclub.or.jp/~ystm/
Page Generalizer

とてもシンプルな設計になっています。 

パスワードを用いたユーザー認証が可能。

http://www.venus.dti.ne.jp/~takuji/
Apache

世界で最も使用されているWWWサーバー

ソフト。 元々UNIX系のソフトである為

、サーバーの設定は設定ファイルを編集

する必要があります。

http://apache.org/
サイボウズWebサーバー2

サイボウズ株式会社のグループウエアシ

リーズのWWWサーバーソフトです。

サイボウズ製品は市販の物ですが、

WWWサバーソフトに限ってはフリー

ウェアとしてダウンロード可能です。

http://cybozu.co.jp/server/web

 

Kent Web:

AN HTTPDやApache

でホームサーバを立ち上げる方法

が書かれています。

WWW Serverのインストール(AN HTTPD)  

1.-DIRETORYの作成

サーバーソフトのインストール用ディレクトリを作成します。 C:\My Documentsの中やC:\Program Filesの中で

も何処でも構いません。

http://www.strim.or.jp/~nakataのサイトより、サーバーソフトを作成したディレクトリにダウンロードします。

2.-ソフトのインストール

説明にしたがって、ソフトのインストールを行う。

3.-WWWサーバーの設置

・AN HTTPDを起動→黄色いマークのhttpdと言うアキコンをダブルクリックします。 すると一瞬小さなウインドウが

表示され、タスクトレイの中にhttpdの アイコンが入ります。 これでWWWサーバーが起動しました。

・設定メニュー表示→タスクトレイの中のAN HTTPDのアイコンを右クリックして、メニューを表示させます。

基本的な設定(一般) その他の設定について、readme.txtをご参照下さいm(_ _)m
ドキュメントルート

HTMLファイルを格納するファイルの事。ここで指定したフォルダがブラウザで開いた時の最

上位のディレクトリとなります。

ボード

ボード番号はサービスの種類によって決まってます。 WWWの場合は80番を指定するのが

一般的です。 特に理由がない限りは80で指定して下い。

デフォルトインデクス

ファイル名を指定しない場合に使われるファイル名。デフォルトは index.html。他に、

index.shtml,

default.htm,など任意のファイル名,拡張子を指定することができます。カンマ(,)で、複数

のファイルを指定することができます。

リモートホストの取得

アクセスした相手のIPアドレスを、読みやすいホスト名の形式で記録する機能。

 規定値のままで構いません。

ドキュメントルート これは~xxxx と言う形式でアクセスできるようにする為の設定です。 空欄でもかまいません。
エイリアスの設定 ドクメントルートで指定したフォルダ以外のフォルダを公開する場合指定します。
表示/インデクス

ファイルの一覧表示やカスタムエラーメッセージの設定が出来ます。

エラー番号の意味
401 認証失敗
403 アクセス権限がない
404 ファイルが存在しない
405 内部エラー(CGIが正常に動作しない場合などに出る)

 

ファイルタイプ

フラウザに受け渡すMIMEタイプの設定を行います。’Windowsのファイルタイプ/MIMEを

しようする’にチェックしておくと、ここの一覧にない拡張子のファイルでも、Windows設定に

したがってアプリケーションが起動しますので、通常このままで構いません。

ユーザ認証 特定の人だけが見ることが出来るページを設定できます。 パスワードで認証を行います。
アクセス制御 相手のIPアドレスで制御をかけることが出来る。
ログ

誰か、何時、何をアクセスしかと言う情報や、どこからリンクされているのか、どんなエラーが

発生したかとう情報をここで指定したファイルに記録する事が出来ます。

AN HTTPDをインストールした

フォルダはよく開く事があるので

デスクトップにこのファイルの

ショートカットを作ると便利です!

 

 

ドキュメントルートを、C:\などと

指定しないで下さい。

あなたのコンピュータの中身を

世界中に公開してしまう事に

なります!!

 

 

オリジナルエラーメッセージは工夫

すると面白い使い方ができます。

 

 

ダイアルアップ接続の場合や、

フレッツISDNといったん回線を

切断した場合、IPアドレスが

変わってしまう。 そのため

、プロバイダーのダイアルアップ

回線からアクセスしてくれる

特定のユーザーを制限

することには通じません。